つづしろ

続けることを目指す初心者のブログです

花嫁DIYなんて必要ない!無理してやらなくていい3つの理由

ゼクシィのアンケートによると、実に85%の新婦が「花嫁DIY」をしているそうです。

 

DIYする人が多いアイテムは、

  • 招待状、席次表などのペーパーアイテム
  • プロフィールなどの演出ムービー
  • 受付周りの装飾アイテム

です。

 

私は、花嫁DIYを一切やりませんでした

 

理由は単純です。

  • 不器用だから
  • 興味がないから

結婚式自体にはこだわりがあったので、手間はかけました。

外注だから手が掛かっていないということはありません。

 

流行っているということは、DIYが好きな人が多数派ということなので、もちろんやりたかったら思う存分やるべきだと思います。

 

ただ、本当はやりたいわけじゃないのに「みんなやってるから」と手を出すなら、立ち止まって考えてみてほしいのです。

作るのをやめて買ってしまえば、作業はゼロ。ネットなら安くて高クオリティのものが手に入ります。

無理して花嫁DIYをすべきでない3つの理由

無理して花嫁DIYしなくていい理由は次の3つです。

  1. 作品のクオリティが低くなる
  2. かえって高くつく
  3. 完成しないとストレスになる

ひとつずつ解説していきます。

1.作品のクオリティが低くなる

素人が初めて作った作品が、プロ顔負けの出来上がりになるでしょうか。

 

もしかして器用な人はできるのかもしれません。

私はとんでもない不器用なので、クオリティは期待できませんでした。

 

裁縫も工作も、中学校までの家庭科でやった程度。

こんな作品を見せられて感想を言わなくてはいけないゲストがかわいそうだと思ったのです。

 

 

でも、人と同じものは嫌。既製品は何か違う。オリジナリティは欲しい。

そう思うなら、手間はかけましょう。

 

私は直接手はかけませんが、手間はかけました。

メルカリやminneには、個人で作っているオンリーワン作品がたくさん溢れています

 

オーダーメイドで作ってくれる作家さんもいます。

諦めずに探せば、どこかに希望通りの品物があるはずです。

2.かえって高くつく

印刷に失敗して用紙代がかさんだり、思うようにならなくてレジンが無駄に消費されていったり。

 

クオリティを求めれば求めるほど、材料代は高くなります。

節約のためにDIYをするのは、よほど腕に自信がない場合はやめておいたほうが無難です。

 

もちろん、「自分が作った」というところが重要なのであれば、自分でやったほうが良いです。

確実なクオリティを求めるなら、プロに頼んだほうが確実です。

3.完成しないとストレスになる

よく、挙式直前に徹夜してDIYの仕上げをする、みたいな話を聞きます。

楽しくて趣味なら良いのですが、辛い思いをしてまで頑張るとストレスになるのでおすすめできません。

 

睡眠不足はお肌の大敵ですし、ストレスがたまると太りやすくもなります。

 

嫌々やる花嫁DIYは美容の敵です。

 

前日は寝ましょう。そして当日は、世界一きれいな花嫁になるのです。

花嫁DIYじゃなくてもこだわりは表現できる

花嫁DIYをしなくても、こだわりを表現することはできます。

例えば私は、フリマアプリをすみからすみまで探し尽くす方法でお気に入りを見つけました。

  • ウェルカムボード → メルカリでオーダー購入
  • リングピロー → メルカリでユーズドを購入
  • 受付装飾→メルカリでハンドメイド作品を購入
  • アクセサリー→メルカリでハンドメイド作品を購入

改めて書いてみると、メルカリばかりですね。

 

DIYをしなくても感謝の気持ちは伝えられますし、オリジナリティも演出できます。

 

同じ労力を使うなら、嫌いなDIYではなく、やっていてテンションのあがる好きなことを続けましょう。